2つの分かる

2つの分かる

わかるには2つある わかるには2つあることがわかった。ここで言う「わかった」のは1つ目のわかる

仙人のイメージ

ずっと働くを考える その4 定年という概念

ずっと働くを考える。 第1回では日本の人口動態について観察し、高齢者の定義を75歳以上とすると

【記事紹介】となりのロボ

有料記事なので日経新聞と契約していないと読めない記事なのですが、おすすめなのでご紹介です。 ペ

藤原道長の老後

ずっと働くを考える その3 老後

ずっと働くを考える、第1回目は社会保障制度について。 第2回目では、「隠居」という言葉の意味に

江戸の暮らし

ずっと働くを考える その2 隠居

昔のことを考える 人生100年時代の「ずっと働く」を考える。 1回目は、現在の高齢者の定義であ

働く高齢者

「ずっと働く」を考える その1 社会保障と75歳

人生100年時代と言われていますが、その本質は、「ずっと働く」ことだと考えます。 ではそれがど

終戦記念日の灯篭流し

戦争について語る方が減っている ~終戦記念日を迎えて思うこと~

今年も終戦記念日を迎えました。 2016年 自分史で変わる戦争体験  2017年 終戦日のイメ

【メディア掲載情報】女性セブンにて、弊社代表神山のコメントが掲載されました

先週6月20日(木)に女性セブンの「新 われらの時代に」のコーナーで、大人のひきこもり問題の特

聞き上手研修

「聞き上手」研修レポート

こんにちは。コンシューマ事業本部長(兼「親の雑誌」編集長)の井戸です。今回は、今月6月1日(土

7年目を迎えて

7年目を迎えて

おかげさまで株式会社こころみは、今年の6月17日で設立後丸6年を経過し、7年目を無事に迎えるこ

高齢者の交通事故に関する雑感

シニアの交通事故は増えているのか 最近、シニアが原因の交通事故の報道を特に目にするようになりま

【ブログ紹介】親孝行したいときには親はなし? 平均寿命と年間死亡率

「親の雑誌」ホームページに、ブログ記事を公開しました。ご覧ください。 親孝行したいときには親は

高齢者の語りたいこと

本記事は親の雑誌HPに移動しました こんな調査を行いました。 【親のための自分史「親の雑誌」の

「親の雑誌」米寿記念セット 発売開始にあたって

本ブログは親の雑誌HPに移動しました 本日、 新商品として、「親の雑誌」米寿記念セットを発売い

【記事紹介】英国で「孤独担当相」新設、現代社会の「悲しい現実」に対処

記事紹介です。 英国で「孤独担当相」新設、現代社会の「悲しい現実」に対処 これを読んでも、孤独